Google Search Console導入方法

2021.01.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Webサイトを立ち上げたら気になるのがサイトへの集客。集客とひとことで言ってもSNSやメルマガなど様々な集客方法がありますが、その中でも検索から流入を集めたり分析したいと思っている方は非常に多いのではないでしょうか。
本記事では、そんな検索からの流入の分析やSEO対策に役立ち、無料で利用できるGoogle Search Consoleの導入方法をご紹介します。

Google Search Consoleとは

Google Search Consoleとは、Googleが提供しているサービスの一つで、Google検索でのサイトの表示回数や掲載順位をはじめ、GoogleがどのようにWebサイトを認識しているか確認したり改善するのに役立つ無料サービスです。

Google Search Consoleでできること

Google Search Consoleでは、ユーザーがサイトに訪れる前の検索行動を分析できます。また、サイトのエラーの確認や修正などもできます。ここでは代表的な機能についてご紹介します。

併用して使われるサービスにGoogleアナリティクスが挙げられますが、Google Search Consoleがサイトに訪れる前の分析をするサービスなのに対して、Googleアナリティクスはサイトを訪れた後のユーザー行動の分析ができます。両者を連携させて使うことでより深い分析が可能となるため、併せて導入することをオススメします。
Googleアナリティクスの概要や導入方法についてはこちらの記事でご紹介しております。

検索パフォーマンス分析

どのような検索クエリ(キーワード)でユーザーがサイトに訪れたのか、また、Google検索でのWebサイトの表示回数・クリック数・CTR・掲載順位を分析することができます。過去16カ月間のデータを確認することができ、クエリ別・ページ別・国別・デバイス別でデータを確認することができます。
どのようなクエリやページへのアクセスが多いのかということはもちろん、新しいクエリやページでアクセスが獲得できているのか確認できます。

URL検査ツールの利用

URL検査ツールを利用すると、それぞれのページのクロール状況やインデックス状況、モバイルユーザービリティなどを確認することができます。
新しく作成したばかりのページなどインデックスされていないページのインデックス登録リクエストを送ることもできます。

サイトマップの送信

クロールさせたい重要なページをsitemap.xmlに記載しアップロードしておき、そのsitemap.xmlをGoogle Search Console上で送信することが可能です。

アラートの受け取りとWebサイトの修正

登録しているWebサイトに問題が発生した際にメールで通知を受け取ることができます。そして、その修正をGoogle Search Console上で行い、Googleに伝えることが可能です。
(エラー内容によってはWebサイトを直接修正しなければならないこともあります)

Google Search Consoleの導入方法

Googleアカウントの取得

Google Search Consoleの利用にはGoogleアカウントが必要です。Googleアカウント作成ページにアクセスし、Googleアカウントを持っていない場合は、最初にアカウントの作成をします。

Googleアカウントのトップページ

Googleアカウントの作成

「アカウントを作成する」をクリックし、氏名・メールアドレス(作成したいGmailのアドレス)・パスワード・性別・生年月日・電話番号・再設定用のメールアドレスを登録します。
電話番号・再設定用のメールアドレスは省略が可能ですが、パスワードを忘れた場合のアカウント復旧などに使用しますので登録しておくことをオススメします。

Googleアカウントの作成

Gmail以外のアドレスを使用したいとき

GoogleアカウントにはGmail以外のメールアドレスを使用することが可能です。会社のメールアドレスなどを使用したい場合は「代わりに現在のメールアドレスを使用」をクリックし、任意のメールアドレスで登録します。

Google Search Consoleの利用開始

Google Search Consoleのサービスサイトにアクセスし、「今すぐ開始」のボタンをクリックします。

Google Search Console TOPページ

プロパティタイプの選択

ドメインプロパティでの作成か、URLプレフィックスプロパティでの作成か選択する画面が表示されます。今回は、導入手順がより簡単なURLプレフィックスプロパティでの作成方法についてご紹介します。

プロパティタイプ選択

「URLを入力」という欄にWebサイトのURLを入力します。

その際に、指定したプレフィックスで始まるURLのみが計測の対象となる点にご注意ください。
例えば、http://example.comを入力した場合は以下のようになります。

[計測対象となるURL]

  • http://example.com/dress/1234

上記のように、プロトコル(httpかhttpsか)・ドメイン(example.com)の両者が一致するURLが対象となります。

[計測対象とならないURL]

  • https://example.com/dress/1234
    (httpsが一致しない)
  • http://www.example.com/dress/1234
    (wwwが一致しない)

上記のように、プロトコル(httpかhttpsか)・ドメイン(example.com)の両者が一致しないURLは対象外となります。複数のプロパティを作成するか、ドメインプロパティの作成を行うことで入力したURLと一致しないしないものも計測が可能となります。

この仕組みをうまく利用すると、特定のディレクトリ配下のみのプロパティを作成することが可能になるため、必要に応じて利用します。

所有権の確認

URLを入力すると所有権の確認画面に進みます。複数の確認方法があるので、利用しやすいものを選択して確認します。今回は初心者でも確認しやすい方法をご紹介します。
この段階ですでに同じGoogleアカウントでGoogleアナリティクスを利用しているなど所有権を確認できる条件が揃っている場合は自動で確認が完了します。

所有権の確認

方法①:HTMLファイルのアップロード

まず、画面に表示されているHTMLファイルをダウンロードします。そして、指定されているアップロード先にしたがって、サーバー内の指定アップロード先にHTMLファイルをアップロードします。アップロードが完了したら「確認」ボタンを押します。

HTMLファイルのアップロード

方法②:HTMLタグ

まず、画面に表示されたメタタグをコピーします。次に、サイトのホームページにある <head> セクション内の、最初の <body> セクションの前に貼り付けます。貼り付けが完了したら「確認」ボタンを押します。

HTMLタグ

方法③:Googleアナリティクストラッキングコードを利用する

Googleアナリティクスのトラッキングコードを利用して所有権の確認を行うことが可能です。<head>タグのすぐ下にGoogleアナリティクスのトラッキングコードを貼り付け、「確認」ボタンを押します。

Googleアナリティクスのトラッキングコードの設置方法はこちらの記事で紹介しております。「トラッキングコードの設置(タグの埋め込み)」をご確認ください。

方法④:Googleタグマネージャーのコンテナスニペットコードを利用する

Googleタグマネージャーのコンテナスニペットコードを利用して所有権の確認を行うことが可能です。<head> 内のなるべく上、 <body> の直後の2箇所に専用のコードを貼り付け、「確認」ボタンを押します。

エラーなどのトラブルが発生した場合

エラーなどで所有権の確認ができない際や、詳細な手順を確認したい場合はSearch Consoleヘルプを参照します。

Google Search Consoleのデータ収集開始について

Google Search Consoleのデータ収集は、はじめて対象となるプロパティが追加された時から計測が開始されます。よって、プロパティを追加したばかりの時は何もデータが無い状態となりますが数日立つとデータが反映されるようになります。
数日後に確認し、データが反映されていたらGoogle Search Consoleの導入は完了となります。

導入したばかりのGoogle Search Console
データがたまっている状態

現在、以下のようなことでお困りではありませんか?

  • WebサイトのSEO対策をしたい
  • アクセス解析や分析ができる組織体制を作りたい
  • 施策や課題の壁打ちをしたい

ぜひお気軽にお問い合わせください。